2013年5月 6日 (月)

やっと復旧~(^^;

 というか、何とかリカバリーで初期化のみできたので、環境を一から再構築したわけですが・・・orz。

 結局、バックアップ用のメディアからは起動できずじまい。黒の方では問題なく起動できていたの相性問題なんでしょうが、がっくりです。

 とはいえ、これでNetWalker版の文庫エディター2もリリースできます。よかったよかった。

 でも、まだONSをコンパイルするところまでは行ってないので、早めに環境構築を済ませてしまいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

文庫エディター2 v.0,5です(^^;

今日こそは、と書いてから既に一週間・・・orz。何でこんなに忙しいんでしょう?

何はともあれ、新バージョンです。

主な変更点は

・突然落ちるバグの修正
・ページをまたぐルビや傍点等に対応
・タイマーの仕様を変更。F3,F4キーで500ミリ秒単位で設定できるようにした。
 ※多分また修正すると思いますが・・・。
・画面表示、インデックス作成のスピードアップ
・フォント作成を少しだけ高速化
・画面表示の操作キーを押したとき、一度目には現在の設定値を表示するように変更。実際に変更するためには、0.5秒以内に続けて押すか、キーを押しっぱなしにして下さい。

「bunkoeditor2_v05_NW.tar.bz2」をダウンロード

デスクトップ用もいつものように置いておきます

「bunkoeditor2_v05_Ubuntu.tar.gz」をダウンロード

Mac用は、配布のテストが済んでないので、また今度。すみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

今日こそは・・・

というわけで、文庫エディター2のアップロードをする予定です。頑張ります。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

NetWalker(黒)、お疲れ様でした

充電できなくなったので、修理に出してみたら新品が買えるほどの金額になることが判明したので、残念ながら引退してもらうことにしました。

考えてみたら、そろそろ三年になるところだったんですねぇ、時の経つのは早いものです。でも、未だにコイツの代わりになるようなものは無いんですよ、個人的には。すでに、バックアップをとって予備機の白に移行してますが、バッテリーが新しいので稼働時間が長いのが嬉しいです。

まだしばらくは御世話になりそうです。ザウルスも現役ですし、こいつの予備機をもう1台手配しようかなと思ってます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

ONScripter for NetWalker 20100620-3

インラインアセンブラのメモリ転送ルーチンをNEONレジスタに対応させたものです。アップするのが、えらく遅くなってしまいました<(_ _)>。

あと、あれこれ手を入れてます(笑)。おかげで、全体的に高速化していると思います。

単純なアルファブレンド処理も数%ですが効率アップしています。

ファイル

「onscripter_20100620-3-0ubuntu1_armel.deb」をダウンロード

ソース

「onscripter_20100620-3-0ubuntu1.tar.gz」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

あけましておめでとうございます

え~、遅まきながら・・・。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

まあ、えらく遅くなってしまいましたが、何故かというと「片付け」してたせいなんですね。年末年始にかけてやってたんですが、まだ終わらないのが恐ろしいところ・・・。我ながら、いったいどれだけの物をため込んでいるのやら・・・。

で、新年のご挨拶に何もなし、というのもな~、というわけで、ずるずると引っ張っていたわけですね(^^;。

というわけで、昨年に引き続き、少々やばいかもしれないお年玉です。何がやばいのかというと、前回読んでいたファイルを開くときに、原因不明で落ちることがあります。システムごと落ちる、とかいうことはないのですが、まだ原因が特定できていません。そのせいで起動しないときには、実行ファイルと同じディレクトリに作られている「lastbook.txt」を削除してください。

「bunkoeditor2_v04_NW.tar.gz」をダウンロード

インストールについては過去記事参照。

変更点はいっぱいありすぎて書くのが大変なので、大きな物だけ。

<ver.04での主な変更点>

・背景の表示に対応。ビュワー画面でCキーを押すと設定できます。ただし、自由に設定できるわけではありません。
 ※リソースとして取り込んでいないので、メニューに登録している場合は使えないかも・・・。
・「[#ここから改行天付き]」「[#挿絵]」タグに対応
・字下げと改行天付きについて、「、折り返して○字下げ」に対応
・半角アルファベットの回転表示で、「gjpqy」の下が切れていたのを修正。
・[#「」は縦中横]タグに対応。4文字までOKです。
・ビュワー画面でHキーを押すと、キー一覧が表示されるようにした。
・ビュワー画面でCキーを押すと、オプション設定画面が表示されるようにした。
・ビュワー画面でWキーを押すと、画面モードが「全画面/ウィンドー」で切り替わるように修正。
・エディタモードのメニューを整理。

というところでしょうか。

例によって、デスクトップ用もおいておきます。

「bunkoeditor2_v04_Ubuntu.tar.gz」をダウンロード

閑話休題。

背景の表示、まあ、本当はどんなファイルでも読み込めるんですが、制限している理由は、一部の縦書き用のフォントを自前で作成しているせいです。現状では、フォント作成時に、フォントの周りに背景色の縁取りがついてしまうんですね。それで見栄えがよくないのが制限している理由です。

そんなことは気にしない、という方は、実行ファイルと同じ場所にある「bg_file.jpg」「bg_file_l.jpg」のファイルを置き換えることで、好きな画像を背景にすることができます。当然ですが、ファイル名は前記の二つにあわせておく必要があります。

しかし、まだ「検索」も「置換」もありません(^^;。2月までには何とかしたいですねぇ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 2日 (木)

ONScripter for NetWalker 20100620-2

御本家のマスク画像のバグ取りに追随。

「onscripter_20100620-2-0ubuntu1_armel.deb」をダウンロード

ソース

「onscripter_20100620-2-0ubuntu1.tar.gz」をダウンロード

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月22日 (月)

ONScripter for NetWalker 20100620-1

例によって、ちょっとだけ高速化。・・・だけでなく、

・「||」の仕様に正式対応
・スキップ時のエフェクトをカットから時間短縮に変更
・バグ取り少々

という所です。全体的に軽くなってると思いますが、特に、拡大表示の方が体感できるかもしれません。

「onscripter_20100620-1-0ubuntu1_armel.deb」をダウンロード

ついでにソースも

「onscripter_20100620-1-0ubuntu1.tar.gz」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

ONScripter for NetWalker 20100105-8

7は公開するの忘れてました・・・orz。

例によって、高速化&本家のバグ修正に追随、です。でも、本家が取り入れている新機能については、まだ取り入れていません。まだ、「ひぐらし」を2話までしかクリアしてない身で、「うみねこ」なんて、とてもとても・・・(^^;。

しか~しっ!(大げさ) 今回は、結構大幅な高速化(当社比)となっています(笑)。オーバークロックカーネルと組み合わせると、「はにはに」や「オーガストファンBOX」なども、「default.ttf」を用意してやるだけで(データの変換などしなくても)、OPムービーも含めて、ほぼストレスなくそのまま動きます。

具体的には、

・立ち絵の移動・・・約15%の高速化
・スキップ速度・・・約25%の高速化

というところです。感覚的にはもっと速くなっている気もしますが、まあ、それはそれと言うことで。

「onscripter_20100105-8-0ubuntu1_armel.deb」をダウンロード

そういえば、まだ「||」(or)も実装していません・・・。

閑話休題

さて、今回の高速化ですが、これまでに比べるとかなり大幅なものとなっています。種を明かせば、インラインアセンブラを使ったんですね、はい。とはいうものの、どこに使うかが問題です。αブレンドに使うという手もあったんですが、まだGCC&ARMのインラインアセンブラの知識&理解が十分ではないので断念しました。

というわけで、それ以外に問題が大きそうだったメモリ転送、具体的にはmemcpyとSDL_BlitSurfaceの速度アップを考えることにしました。

初めはNEONの拡張レジスタを使ってみたんですが、NEONを有効にしてビルドしたsmpegと干渉してしまうみたいで、BGMが遅くなってしまう問題が発生してしまったので却下。で、ARMの通常のレジスタと複数レジスタ転送命令を使ってみた所、それなりの効果があった、というわけです。まあ、きちんと命令のサイクル数や分岐回数を計算して組んでるわけではないので、まだ効率アップの余地は十分あるんですが、とりあえず一区切りと言うことで。

んでもって、ソースはこちら。

「onscripter_20100105-8-0ubuntu1.tar.gz」をダウンロード

インラインアセンブラを使った転送ルーチンは、AnimationInfo.cppの中にあります。まあ、できるだけ見ないでやって下さいませ。一応ARM汎用なので、同じ系列のCPUを使っているものであればそのまま流用できると思います。言うまでもなく、保証はしませんが・・・。

まあ、バグなど見つけたら、お知らせ下さい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

ONScripter for NetWalker 20100105-6

いや、デモンベインを移植しようとしたら、予想以上に重かったので、塵も積もれば、ということで、あちこちこまめにチューニングしてみました。ついでに、御本家のバグフィックスにも20100620版まで追随。プリホリやバイナリィ・ポットなどやってみると、結構軽くなったと思います。

「onscripter_20100105-6-0ubuntu1_armel.deb」をダウンロード

ついでにソースも。

「onscripter_20100105-6-0ubuntu1.tar.gz」をダウンロード

| | コメント (3) | トラックバック (0)