2014年8月 2日 (土)

御無沙汰しております

いや、もう、バカバカしいぐらい忙しかったんですよ、ハイ。

だというのに、金はない、という状況なので、片手間にできる少額投資などを始めてみたわけですが、結構面白いですね。ゲームのつもりで墓穴を掘らない範囲でやってみようと思います。せめて黒字になるまでは頑張らないと(墓穴)。

残念ながら、最近は殆どONS関係の作業ができていません。文庫エディタの方も同様です。(全国に何人かいるかもしれない)楽しみにされている方には申し訳ありませんが、当分、こんな感じだと思ってください。

んで、備忘録がてら近況(と言っても、ここ2年位にあったことですが・・・)報告。

以前、ニアフィールドサラウンド環境を構築しておりましたが、フルHDプロジェクタを安く手に入れることができたので、本格的なホームシアターを構築。と言っても単なる六畳間ですが(^^;。
狭いので大型のスピーカーは置けませんので、例によってBOSEのキューブ型サテライトスピーカーとサブウーファーのセットで7.1chを構築しています。フロント、サラウンド、0.1ch用と、3台のサブウーファーをセットするという豪華(?)仕様です。まあ、サラウンドバック用にも一台確保してはあるんですが、フロントを左右独立にするかどうかで思案中です。

それにしても、サブウーファーがこれだけあると、音の善し悪しは別にしても、ハリウッド物の映画とか見てると低音がすごいことになります(^^;。田舎の一軒家なので、あまり防音に気を使う必要がないのがありがたいです。

その一方で、あまりのんびりとテレビの前に座っていることができなくなってしまいましたので、タブレット端末でのテレビの視聴環境を構築しました。「スマホのワンセグでいいじゃん」という声が聞こえてきそうですが、我が家は電波状態が悪いので、ワンセグはほとんど使用不可なんです。

というわけで、またしても近所のハードオフに行ったわけなんですが、どういうわけかあるんですよね、こういう時に。不思議なものです。というわけで購入しました、SLINGBOX PRO-HD。これで、家庭内および外部でのテレビの視聴環境が確保出来ました。有料ではありますが、アプリを導入することでAndroidタブレットやスマホでテレビの視聴ができます。一番のメリットは、ワンセグと違い画質がいいこと、ではなく、HDD録画機の操作ができることです。おかげでBSやWOWOWも見れるし、出先から録画予約を入れたり、不要な番組をHDDから削除することもできます。もちろん、画質もいいんですけどね。

で、あちこちでテレビやビデオが見れるようになったのはいいんですが、なかなかシアターで本格的に映画などを見る時間の余裕が無い。アンプやプロジェクタは消費電力もバカにならないので、うっかり寝てしまうと、電気代とかも気になりますし・・・。

というわけで、低消費電力での映画鑑賞を考えた時に復活したのが、数年前に中古で手に入れていたSonyのヘッドマウントディスプレイHMD-T1。誘惑に負けて買ったんだけど、動作チェックしたあとは、アバターの3D版を手に入れた時に使っただけという・・・orz。いや、ほんとに役に立ってなかったんですが、売らずに持ってたので使ってみると、意外に行けます。何と言っても、見ながら寝てしまってもほとんど気にならない消費電力(^^;。

ただし、初期型なので、調整機能を含め画質がいまいちこなれていないのと、オーディオフォーマットへの対応を含めたサラウンド関係の貧弱さが気になります。というか、映画では音響面の弱さは致命的です。でも、オープンエア型のヘッドホンとの一体型なので、改造する以外には対応する方法がありません。

どうしようかな~、とか思いながら1,2週間、近所のハードオフに通っていたら、ある日突然、HMD-T3Wの中古(ほぼ新品)が。・・・、ええ、買いましたとも、ローンで(笑)。深夜の映画鑑賞用に使っていたワイヤレスサラウンドヘッドホンとの組み合わせで、非常に良い感じになりました。

というわけで最近の映画鑑賞は、ソファーに横になっていつ眠り込んでもいい体勢で、ということが多くなりました。というか、疲れていることが多いので、最後まで見終わることは殆ど無いんですが・・・orz。

こうやって書いてみると、本当に我が家には中古で手に入れたものが多いですね。ハードオフには足を向けて寝られない感じになってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

あけましておめでとうございます

・・・、三ヶ月遅れですが・・・orz。

いや、もう、なんでこんなに忙しいんでしょう? 本当にバタバタしております。
ソフトの開発も、仕事関係のものを休憩時間に少々触る程度で、ほとんどできてませんし・・・。「コンバータなんて、とてもとても。」という状況です。

とは言いながら、何も進展しないのも癪なので、開発マシンの方に少し手を入れてみました。
Macbook ProのHDDをSSDに換装したら、VirtualBoxがサスペンドでハングアップしてしまう症状が頻発したので、一念発起して、商用ソフトのParallelsDesktop9を購入してみました。と言いますか、AppleストアでParallels Desktop 9 for Mac 優待版が売っていたので、Fusionからの乗り換え版だと気が付かずに買ってしまいました(^^;。

気がついた時には、「どうしましょう~?」とか思いましたが、やってみたら、フツーにインストールできてしまったので一安心。しかし、さすが歴史のある商用ソフト、無料の
VirtualBoxとは比較にならない速度と機能性です。3Dゲームあたりも問題なく動きますし、もっと早く購入するのだったと、ちょっと反省。まあ、試しにインストールしただけで遊ぶ暇はないので、ゲーマーさんに十分かどうかはわかりませんが、ダメゲには十分でしょう。仮想環境を本格的に開発や遊びに使う気があるのなら、購入しても全く損はない買い物でしょう。

で、仮想環境を本格的にあれこれできるようになったのはいいのですが、となるとやっぱりSSDだけでは容量が足りません(Macbookでも、たまにはアニメも見たくなりますし・・・)。というわけで、内蔵DVDをHDDに換装してしまいました。ディスクが使えなくなるのは残念ですが、バッグと職場にポータブルを1つずつ確保しておけば実用上問題無いですし。というわけで、現在、SSD(256GB)とHDD(750GB)で、ほぼ1TBの容量が確保できるようになりました。これなら、出先でのストレージとしても十分に使えます。良かった良かった。

・・・。問題は、そんな使い方をする時間がどこにもない、というなんですが・・・orz。

気を取り直して。

まあ、こんな感じなので、今年の更新はかなりのスローペースになると思います。ほとんどいないとは思いますが、楽しみにしてくださっている方がおられましたら、ごめんなさいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 5日 (月)

MACの仮想環境での、はみ出したWindowの移動

optionを押しながらドラッグすればOK。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

MacBook Pro購入~(^_^;

気がつけば、また3ヶ月半・・・。何でこんなに忙しいんでしょう?

とりあえず、今日明日中ぐらいには、文庫エディター2の最新版をアップしたいと思います。
今回の目玉は、

 ・行末揃えに対応
 ・Zipファイル作成機能の実装

ということになります。

とはいえ、そちらはちょっと置いておいて、日記がてらに近況報告など。

MacBook Airで、開発マシンとしては十分な性能があることが確認できたので、「本格的にMacに移行しようかな~」とか思っていたら、また(?)出会ってしまいました。MacBook Pro MD313J/A 2012モデル。
使用感ほとんど無しの中古品で、MS Office2011&マウス付きで77800円。若干の臨時収入もあったことだし、買うしかないでしょうということでカードで購入してしまいました。・・・、だからいつまでたっても金がないんですねぇ・・・orz。

気を取り直して。

後は若干の臨時収入を生かして、メモリとSSDを購入。さっくり換装して、メモリ16GB&SSD256GBのモンスターノートのできあがり(^o^)。

いや、重量的には「重いな~」という実感はあるんですが、とりあえず開発環境を一元化できるのが嬉しい。容量を生かして、仮想環境をいくつも構築できます。おまけに、仮想環境を構築するのが速い速い。おかげで、試行錯誤が大して気になりません。他の仕事をやりながら、平行してお気楽にできます。

とはいえ、OSのインストール後のアップデートに時間がかかっていたのですが、よく考えたらRemasterSysをつかってLive DVDを作ればOKということに気がついたので、それも解決。

というわけで、結局、MacにはQtCreatorを導入。仮想環境で、

 ・Ubuntu純正&Lxde&x86用のQtCreator
 ・Ubuntu純正&Lxde&Necessitas(Qt for Android)

を構築。あとは、仮想環境でWin2kを作るつもりなんですが、あまりに久しぶりなものでメディアが見つからないという・・・。

とはいえ、Mac版、Ubuntu版の文庫エディター2を一台で管理できるようになったのは嬉しいことです。やっぱり便利ですし。アンドロイド用の環境もしっかり動いてくれているので、これからはそっちの開発のテストも本格的にできそうです。

ここまでは、良かった話なんですが・・・。

で、動作確認したソースをNetWalkerに持ち込んでビルドしようとしたら、エラー発生。調べてみたら、Qt4の一部のファイルで謎の文字化けが・・・?
このままではできあがったファイルも妖しくなるので、さくっとバックアップから復元しようとしたんですが・・・。SDから起動できない・・・orz。

時間を見つけては、あれこれ試しているんですが、どうにも復元ができません。というわけで、当面。文庫エディター2のNetWalker版はバージョンアップできそうにありません。場合によっては、あずにゃんこと、Dynabok AZの方で開発を続けるか、仮想環境でARM用の開発環境を準備するか、ということになりそうです。どっちにしても、現状では結構時間がかかりそうです。最悪の場合は、このまま最終バージョンということもあり得ます。

とりとめもなく書いてきましたが、まあ、こんな現状です。なかなか更新できない状況ですが、今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

MacBook Air購入~(^^;

近場のHardOffに不要品を売りに行ったら、新品同様のAir様が鎮座ましましておられました。

iPhoneのアプリを作ろうと思ったら・・・、というわけで、これも何かのお導きに違いないということで、買い取り金額を頭金に購入してしまいました(^^;。まあ、この程度(状態)で税抜き5万円なら、まぁ買いでしょうということで。

何だかんだで開発環境も整備できたので、これからしっかり働いてもらわないといけませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

GP01導入

イーモバのLTE端末、GP01を購入してしまいました。まあ、前回のWiMax物が持ち歩けない状況になってしまったというのが一番大きな理由なんですが。

でも、無料で契約できたし、月々の料金は二千円ほど安くなるし、意外なことに職場がLTEエリアに入っているし、で結構ホクホクしてます。よかった、よかった。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

Titanium Studio 試用中

ひょんなことからAndrlidとiPhone用にソフトを作成してみることに。C++とQtなら、あっという間に終わるようなものなんですが、いかんせんJavaやObjectiveーCは素人同然。Onscripterを作成しているお方のスゴサを再認識しております。

というわけで、近頃ちょくちょく名前を聞くようになったTitanium Studioをインストールしてみました。JavaScriptは、ほどほどに手頃で、今回作るものには十分そうです。

ただ、Androidエミュレータの起動ではまったので備忘録代わりにメモ。

◎Android SDKは、バージョン2.2か2.3のGoogle API対応のものを使用すること。でないと、サンプルのKitchenSinkが起動しない。
◎SDKのアップデートや仮想デバイスの作成などは、Javaでの開発用にインストールしたEclipseの方からやった方が簡単。

んな所でしょうか。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

気がつけば・・・

前回は3月だったんだなぁ、と。

忙しさに、思わずびっくりしてしまいます。
あまりの忙しさに移植関係は全く手付かずなんですが、文庫エディター2の方は一区切りついているので、月末までにはアップしたいと思ってます。

主な更新内容は、

・ファイルオープン時に突然終了してしまうバグの修正。
・ページをまたぐルビに対応。
・ルビの半角アルファベットや記号の回転表示に対応。

といったところです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

気がつけば一ヶ月・・・

 早いもので、気がついてみれば、既に前回の更新から一ヶ月以上経っている・・・・orz。

 何でこんなに忙しいのやら・・・。とりあえず、今夜は何とか、再度更新するようにがんばってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

遅まきながら・・・

「けいおん!」を見に行ってきました。感想は、一言で言うと、

「・・・、すげぇ」

物に命を吹き込む、というアニメ本来の意味から言うと、ある種の究極に至ったのではないかとすら思いました。京都アニメーションのみなさん、すごすぎ。

マクロスFとは、また違った意味で歴史に残る映画だったと思います。今の私たちには内容が分かるけど、何十年か経った後に見る人には「意味が分からない」映画なんだろう、とは思いますが、単純に「作品としてすごい」と評価されて残る物なんだろうと思います。

これでアニメーターさん達の給料が安いんだとしたら、申し訳ないにも程がある、というレベルの作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧