« だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.4bです | トップページ | だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.5です »

2008年8月19日 (火)

あやめさんと一緒

 何のことやらよく分からないタイトルですが・・・(^^;。

Scrn008  え~、LiLiTH Mistの第一弾、隠れた名作こと「AYAME ~人形婬戯~」のONSコンバーターです。いや、涙もろい方だという自覚はありますが、まさか、リリスさんに泣かされるとは思わなんだ・・・。いやもう、低価格ソフトの傑作といってもいいと思います。新品が定価でも2100円、中古でなら投売りしている所もあるようです(うちの近所じゃ480円です、ハイ)から、だまされたと思ってやってみてください。今回、コンバーター作成にいつもより気合が入ってますが、そのくらいの価値はあると思うのですよ、ハイ。

 今回から、秀丸マクロのみで処理するのではなく、メインの部分はRubyスクリプトで処理するようにしました。おかげで処理速度は劇的に向上しています(30分以上かかるものが数秒に)。ただ、細々した部分は秀丸マクロで処理してますので、まあ30秒~1分程度と思ってください。なお、当然のことながら、変換にはRubyの実行環境が必要になります。「コマンドプロンプト」を開いて「ruby -v」と打ち込んで、バージョン(ruby 1.8.6)が表示されるようなら大丈夫ですが、そうでない場合は、Rubyをインストールして、パスを通しておく必要があります。

 ※あやめさんのためです、頑張ってください。

 今回は、ザウルス用だけでなくデスクトップ用にも変換できるようにしてあります。興味のある方は、「AYM_rb.mac」の455行目辺りをコメントに従って修正してください。ちなみに、NSでもONSでも、問題なく完全クリアできることを確認しています。ただ、ONSの場合、まれにスキップの最中にハングアップすることがありました。まあ、スキップが早いので、あまり問題にはならないと思いますが、気になる方は小まめにセーブしてください。

 なお、このゲームは雰囲気が非常に大切なゲームなので、可能な限りオリジナルと同じ挙動をするようにしてあります。具体的には、通常は処理が重くなるので実装していないBGMのフェードアウトや、モノクロの背景にカラーの立ち絵が載る部分なども手を抜かずに実装してあります。まあ、文字の枠が表示されないのと、長すぎるエフェクト時間を短縮しているのはいつものことですが・・・。ただ、霧のシーンだけは、オリジナルは霧の背景の上に通常の立ち絵が載る、というものですが、コンバーターでは立ち絵が霧に隠れるように意図的に変更してあります。御了承ください。
 さらに、現時点での、オリジナルのNSとONSの違いも吸収した上で、なおかつ、NSとONSで表現に差が出ないようにしてあります(まあ、処理速度とか、どうしようもない部分もありますが・・・)ので、ONSの互換性が上がってもスクリプトの変更は必要無いはずです。ONSの更新が再開されていますが、安心してプレイしてくださいませ。

 ※これもすべて、あやめさんのためです(^^;。

「AYM_rb_01.lzh」をダウンロード

 さて、では変換です。まずは必要なものから。

 ※と思いましたが、過去の変換記事に何度も書いてるので省略。あやめさんのためです(笑)、過去の記事ぐらい参照してください。

<変換手順>

1.ExtractDataでdata.xp3を解凍します。とりあえず、「C:¥AYAME」に解凍したものとして説明します。

2.まずは、「C:¥AYAME¥image」フォルダのバックアップです。今回は、イメージフォルダを2回処理する必要があるので、どこかにコピーしてください。とりあえず、「C:¥image」にコピーしたものとします。

3.だめこんv.04bを起動し、オプションの「白黒画像を除外」と「不要なαマスクを除去」にチェックが入っているのを確認した後に、「C:¥AYAME」をD&Dして、画像を処理します。ザウルス用でなく、デスクトップ用に処理する場合は、右下の各ガンマ値を1に、上限を255にしておいてください。しばらくすると、処理できなかったファイルがあるので手動で分類するかどうか聞いてきますが、必要ないので「いいえ」を選択します。

4.オプションの「αマスクを削除」にチェックを入れて「C:¥image」をD&Dして処理します。終わったら、「C:¥image」中のevで始まる画像と、ncで始まる画像を「C:¥AYAME¥image」に上書きコピーします。これで画像の処理は終了です。

5.「C:¥AYAME¥bgm」フォルダの中のwavファイルを適当なツールを使ってmp3に変換してください。音質はお好みで。今回、「C:¥AYAME¥sound」フォルダの音声は変換しては『いけません』。御注意ください。さもないと、一番いい所でエラーメッセージが出て、別の意味で泣かされることになります。

6.スクリプトを変換します。「AYM_rb_01.lzh」を解凍し、「AYM_rb.mac」を秀丸エディタのマクロフォルダに、「AYM.rb」を「C:¥AYAME¥scenario」フォルダに、それぞれコピーします。秀丸を起動し、「scenario」フォルダの「newgame.ks」ファイルを読み込んでください。それから、「マクロ」->「マクロ実行」と進んで、「AYM_rb.mac」を実行してください。「scenario」フォルダ内に「test_0.txt」が作成されます。画面にそのまま開いていますので、適当な場所に「0.txt」として保存しておいてください。

7.続いてアーカイブファイルの作成です。「bgimage」「bgm」「fgimage」「image」「rule」「sound」の6つのフォルダだけ残して、他のフォルダやファイルを削除します。それから、NSの「デフォルトのカーソルファイル」か、自分の好きなカーソルファイルを「C:¥AYAME」にコピーします。さいごに、nscarc.exeを起動して、アーカイブを作成してください。ザウルス用の場合は、更にC&D Toolを使ってアーカイブの圧縮をして、圧縮後のものを「arc.nsa」という名前にしてください。

8.後は、いつものように、SDかCFの「nscr」フォルダに、「0.txt」「nsa.arc」「default.ttf」をコピーして、ONScripterを起動すればOKです。ただし、ザウルス用は圧縮されていますので、「-s」のついたアイコンで起動しないとおかしなことになりますので御注意ください。

 なお、初回起動時に必要な画像ファイルを自動的に生成します。いないとは思いますが、ネタばれがいやな人は「リリスミスト」という声が聞こえるまでは、目をつぶっておいてください(笑)。また、その画像作成のために20MB位の空き領域が必要ですので、御注意ください。実を言うと、オリジナルの挙動を可能な限り再現するために、ゲームの実行中にも必要に応じて画像を保存&表示していますので、HDDでの動作は速度的に少々厳しい部分があるかもしれません。

 ゲーム本編の動作で、オリジナルと違う部分は、

・文字の枠が無い。
・音声付のセリフは表示が遅くなる。
・霧のシーンの演出が違う。
・選択肢が画面中央でなく、文字エリアに出る。
・2秒以上4秒以内のエフェクトは2秒に短縮。4秒以上のエフェクトは、半分に短縮。
・モノクロからカラーに戻る際に、一瞬文字エリアの色が濃くなるところがある。
・まだ読んでいない文もスキップできる。
・左右の立ち絵の位置がほんの少し違う。
・オリジナルの回想シーンがセピアがかっているのに対し、完全にモノクロである。
 ※これは、NSとONSの表現の互換性のために犠牲にしている部分です。

くらいです。文字の枠と、セリフのスピード以外は、ほとんど気がつかないレベルだとは思いますが、気になる方はごめんなさい。

 では、あやめさんとの濃密な時間をお楽しみください。

|

« だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.4bです | トップページ | だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.5です »

コメント

ゲームを起動することができません
というかそもそも444行までしかtextができなくて10KBになっています。
ここに書いてあるようにしたのになぜでしょうか

投稿: | 2011年5月26日 (木) 16時30分

Rubyが起動できていませんね。きちんとインストールされているか、バージョンは1.8.6か、確認してみてください。うちのコンバーターは、1.9系列では動作しないという報告を受けていますので。

投稿: ゼロ975 | 2011年5月26日 (木) 17時34分

ああ、そうなんですか
どうも1.9系列でやってしまったようです
1.8にしてからやり直してみます

投稿: | 2011年5月26日 (木) 21時35分

今度は成功しました!
ありがとうございます。

投稿: | 2011年5月27日 (金) 19時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139339/42215531

この記事へのトラックバック一覧です: あやめさんと一緒:

« だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.4bです | トップページ | だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.5です »