« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月22日 (金)

「姉☆孕みっくす2」をザウルスで(改訂版)

ずいぶん遅くなってしまいましたが、「姉☆孕みっくす2」変換用秀丸マクロの第2弾です。
何でこんなに遅くなったかというと、「一応動作チェックを・・・」と思ったからなんですが・・・。
時間が取れないので諦めることにしました(^^;。

※まあ、それでも3日目の途中までは進んだんですが・・・。

ちなみに最新版のONS( onscripter_20080121 )には不具合があるようで、立ち絵が正常に表示されない場合があります。当面は、少し前のものを使った方が良さそうです。 

「AHM2_v02.lzh」をダウンロード
「conv_for_zaurus6b.lzh」をダウンロード

変換方法は前の記事を参考にしてもらえばいいんですが、少々変更があります。

・fgimageフォルダの中の、残しておく画像が、
(旧)「seen.jpg」 「seen2.jpg」「lilith_logo.jpg」「title.jpg」「title2.jpg」の5つだけ
から
(新)「seen.jpg」 「seen2.jpg」「lilith_logo.jpg」「title.jpg」「title2.jpg」「h_selback.jpg」「haru_sel.jpg」「saki_sel.jpg」「h_kettei.jpg」の9つだけ
に変わりました。

・変換時間が、「1時間位」から、「1~2時間」くらいに。

・ONSでは「clickpos」命令が実装されていないために、行動選択画面用にボタン用背景画像を準備する必要があります。
※と言っても、用意してもらうのも何だし、かといって再配布は論外だし・・・、というわけで初回起動時に自動で生成することにしました。初回起動時に、「h_selback2.bmp」がアーカイブの外に640×480サイズで生成されます。PSPあたりで動かそうとすると、解像度が問題になるかもしれません。その場合は、必要に応じてリサイズしてください。

とまあ、こんな感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.4です

PSP用にNスク移植された某ゲームをザウルス用に変換しようとしたら、画像の変換関係が非常にやっかい(複数のディレクトリを一括処理できないみたい・・・)だったので、同様な処理を行えるように「だめコン」を修正してみました。変更点は、

    ・不要なαマスクを除去or付加できるようにオプションを追加。
    ・PSP用に45%縮小ができるオプションを追加。
    ・PSP用のオプション追加に伴い、「縮小」関係のオプションも設定保存するように修正。

というところです。
 PSP用に変換するには、「縮小率を45%、『不要なαマスクを追加』にチェック、上限255,ガンマ値をそれぞれ1」として変換してやれば大丈夫じゃないかな、多分。
 誰か、使ってみて問題があれば教えてください(^^;。

 まあ、正直言って、縮小ルーチンはあまり画質にはこだわってないんで、こだわり派の人には向かないかも。でも、複数のディレクトリをまとめてD&Dできるし、サブディレクトリの画像も再帰的に処理するので、面倒くさがりの人にはいいんじゃないかと思いますよ。

「DameCon_04.lzh」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

RDEの導入

そろそろ、いい加減に「秀丸マクロ」で移植することに限界を感じてきたので、コンバータのスクリプト関係を本格的にRubyに移行しようと考えた。というわけで、軟弱にも(^^;、統合開発環境をインストールすることにした。

「Ruby 統合開発環境」でググってみたら、RDEというのが最初に見つかったので、ちょいと調べてみると、とりあえず十分に用は足りそうなのでインストール。

したのはいいんだけど、少し嵌ったのでメモ。

・初期設定に関して・・・日本語表示など。ここを参照するとよし。
・適当に入力して、実行。問題なし。んでもって、デバッグしようとしたら動いてくれない。「あれ?」と思った後、「そういえば、インストール中に何かエラー出てたっけ・・・」とか思い出して再度検索。ここを参考に「ruby install.rb」を実行したらデバッグもOKになった。
※でも、こういうのはFAQに載せておいてほしいよねぇ・・・。

これで本格的にコンバーターをRubyに移行できるかも・・・。でも、本当はやる気の問題ですな。「姉しよ」のときは、ザウルス上でプログラミング&デバッグしたもんなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »