« リモートデバッグ環境の構築 | トップページ | RDEの導入 »

2008年1月23日 (水)

「姉☆孕みっくす2」をザウルスで

さて、少し時間ができたので、LiLiTHの「姉☆孕みっくす2」を移植してみました。
基本的にやり方は今までと同じですが、一応書いておきます。

 例によって、まだ一度もクリアしてないんですが、とりあえずザウルスで走らせてみている限り、あまり問題はなさそうです。もし、問題に気がついた方はコメントでお知らせください。

※問題があったので、改訂版をアップしました。こちらからダウンロードしてください。

○変換に必要な物

・「ExtractData」というソフト・・・検索すればすぐに見つかります。
・「AHM2.mac」・・・変換用の秀丸マクロです。
・「MP3GAIN」・・・mp3の音量調節ソフトです。検索すればすぐに見つかります
・秀丸エディタ
・拙作の「だめコン ver.0.3」・・・このサイトにあります。
・「conv_for_zaurus6a.mac」・・・音ずれ補正その他を行う秀丸マクロです。
・NSCripterに付属の「nsaarc.exe」・・アーカイブファイル作成に使います。

「AHM2.lzh」をダウンロード

「conv_for_zaurus6a.lzh」をダウンロード

○変換方法

1.「姉☆孕みっくす2」のアーカイブ「data.xp3」を「ExtractData ver.1.08」を使って展開します。以下、"c:\ahm2"フォルダに展開したものと仮定して説明します。
  まず、「data.xp3」を「ExtractData」にD&Dして、「抽出」->「すべて抽出」でアーカイブを展開します。

2.続いて、画像の変換です。「だめコン」を起動し、メニューの「オプション」にある『「秋桜の空に」対応』のチェックが外れているのを確認してから、"c:\ahm2"フォルダをドラッグ&ドロップします。

3.しばらくすると、「処理できなかったファイルがある」とのメッセージが表示されますので、「いいえ」を選択します。

4.次に、BGMフォルダの中身をmp3に変換します。変換には適当なソフト、何でもお好きな物を使ってくだ さい(個人的には「午後のコーダ」を使ってます)。その後、「MP3GAIN」を使って音量をデフォルト値の「89」に変更してください。BGMフォルダ には、作成したmp3だけを残せばOKです。

5.そのままでも実行できますが、やはりデータはアーカイブファイルにまとめた方が良いでしょう。"c:\ahm2"フォルダに"arc"フォルダを新規に作成して、必要なフォルダ&ファイルをコピーします。
  コピーするフォルダは、bgimage, bgm, fgimage, image, rule, soundです。bgimageフォルダにあるファイルで必要なのは「mask.jpg」だけ、fgimageフォルダにあるファイルで必要なのは 「seen.jpg」 「seen2.jpg」「lilith_logo.jpg」「title.jpg」「title2.jpg」の5つだけですので、その他のファイルは消してしまいましょう。
 続いてNScripterに付属する「デフォルトのカーソルファイル」を「c:\ahm2\arc」にコピーします。まあ、NScripter用のゲームを他に持っていれば、その中から同じ名前の物をコピーしてもOKです。
 最後に、nsaarc.exeを起動して、「c:\ahm2\arc」フォルダを「arc.nsa」にまとめてしまえばアーカイブファイルの完成です。

6.いよいよスクリプトの変換です。「AHM2.lzh」と「conv_for_zaurus6a.lzh」を解凍し、「AHM2.mac」と 「conv_for_zaurus6a.mac」を秀丸エディタのマクロフォルダにコピーしてから、秀丸エディタを起動します。続いて"c:\ahm2\scenario"フォルダ内の"newgame.ks"を読み込みます。そして、メニューの「マクロ」から「マクロ実行」->「参照」で 「AHM2.mac」を選んで「OK」で実行。
※マシンの性能にもよりますが、1時間位はかかります。その間、コンピュータが使えませんので、時間のあるときに変換してください(OSがVistaなら使えるみたいですが・・・)。

7.念のために、生成された「test_0.txt」を「0.txt」に名前を変えて保存。保存先はそのまま("c:\ahm2\scenario"フォルダ)で構いません。

8.メニューの「マクロ」から「マクロ実行」->「参照」で「conv_for_zaurus6a.mac」を選んで「OK」で実行。終了したら保存して終了。
  あとは、できあがった「0.txt」と「arc.nsa」、フォントファイル「default.ttf」(これについては、わからなければ ONScripter関係のページで調べてください。)をCFかSDカードの「nscr」ディレクトリにコピーして、リナザウで ONScripterをカードの種類に応じたアイコンから起動してやればOK。

 これで、人目さえ気にしなければ、(以下略)。

 あ、それから、例によってオリジナルと違う部分がありますので、書いておきます。

・文章に枠がない。おまけに右端にメニューもない。
・エフェクトで時間が長すぎると感じるものは短縮。
・音声を同期させるために、音声付きの台詞だけ表示速度が遅い。
・ルビは、個人的に必要を感じなかったので、思い切りよく削除。

こんなところだったと思います。

|

« リモートデバッグ環境の構築 | トップページ | RDEの導入 »

コメント

マクロ制作ありがとうございました。

早速使わせていただいたのですが、気になる点がいくつか・・・。

1.1日目途中までやると、最初に戻る。
(0.TXTいじったら何とかなりました。)
2.2日目の姉を選ぶ選択肢でどっちを選んでも落ちる。

差し支えなくば、修正お願いします。

投稿: ボブ | 2008年1月29日 (火) 19時54分

ありゃ、すみません。検証不足でした・・・orz。

ちょっと見てみましたが、1番目は、元のシナリオに同じラベルが何回か出現しているのが原因ですね。これまでの経験で、LiLiTHのスクリプターはかなりしっかりしてると感じてたので、油断してました。
2番目は完全にこちらのミスです。補助シナリオがあるのに気がついてませんでした。補助シナリオ自体は、追加で読み込んで処理するだけでいいんですが、予定の選択画面(「どこでも姉エッチシステム」、とシナリオには書いてありますが・・・)部分は、自前で追加のスクリプトを書かないといけないので、少々お待ちください。

投稿: ゼロ975 | 2008年1月30日 (水) 21時29分

コンバータ作成お疲れ様です。

かなり遅くなりましたが使用させていただきました
もしご迷惑でなければ今度、PSPでの変換記事を
書かせていただくとうれしいです^^

にしても吉里吉里で解像度がVGAのゲームは
新鮮ですね^^

投稿: fu | 2010年2月14日 (日) 00時25分

fu様、初めまして。

fu様のサイトは、結構覗かせていただいています。まだコンバーターを利用させてもらったことはないんですが、そのうちお世話になろうと思ってます(^^)。

変換記事の方については、迷惑なんて事はありませんので、御遠慮なく。こっそりと(?)、楽しみに待たせていただきますので。

投稿: ゼロ975 | 2010年2月14日 (日) 01時09分

ゼロ975様

お言葉に甘えて記事を作成させていただきました
面白いゲームを変換させて頂いて感謝です。
また何かあれば、コメントさせて頂きます^^

投稿: fu | 2010年2月14日 (日) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139339/17791659

この記事へのトラックバック一覧です: 「姉☆孕みっくす2」をザウルスで:

» 姉★孕みっくす2をPSPで [fuの戯言日記]
今回は、lilith様より発売された 姉★孕みっくす2をPSP用に変換してみようと思います。 変換可能にしてくださったゼロ975様に感謝です^^ ... [続きを読む]

受信: 2010年2月14日 (日) 07時21分

« リモートデバッグ環境の構築 | トップページ | RDEの導入 »