« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月20日 (火)

「奴隷メイドプリンセス」変換用秀丸マクロ

え~、ちょっと現実逃避したくなって作ってしまいました・・・(^^;。

いや、いろんなコンバータが出てきて楽しそうなのに、自分は手を出す暇がないという状況で大変寂しかったんですね。
というわけで、余り時間をかけずにできるLiLiTH物の「奴隷メイドプリンセス」を変換してみました。まあ、衝動が抑えられなくなってしまったのは、ヒロインの「ロッテ姫」の中の人が「木乃内ひなた」の中の人だと気がついてしまったせいなんですが(笑)。

○変換に必要な物

・「ExtractData」というソフト・・・検索すればすぐに見つかるでしょう。
・「dmp.mac」・・・変換用の秀丸マクロです。
・秀丸エディタ
・拙作の「だめコン ver.0.3」・・・このサイトにあります。
・「conv_for_zaurus5c.mac」・・・音ずれ補正その他を行う秀丸マクロです。
・NSCripterに付属の「nsaarc.exe」・・アーカイブファイル作成に使います。

「dmp.lzh」をダウンロード

「conv_for_zaurus5c.lzh」をダウンロード

○変換方法

普通なら音声の変換もやりますが、このゲームは元々150MBほどしか有りませんので、今回は変換しません。まあ、気になる方はご自由にということで(^^;。

1.「奴隷メイドプリンセス」のアーカイブ「data.xp3」を「ExtractData」を使って展開します。以下、"c:\dmp"フォルダに展開したものと仮定して説明します。

2.まずは、画像の変換です。「だめコン」を起動し、メニューの「オプション」にある『「秋桜の空に」対応』のチェックが外れているのを確認してから、"c:\dmp"フォルダをドラッグ&ドロップします。

3.しばらくすると、「処理できなかったファイルがある」とのメッセージが表示されますので、全部「通常処理」を選択します。

4."c:\dmp\image"フォルダに移動し"ev001a.jpg"の上で右クリックして、「プログラムから開く」->「Paint」と進んで標準のペイントソフトを起動します。この画像だけ、いらないαマスクがついてますので、「変形」->「キャンパスの色とサイズ」と進みまして、幅が「1280」となっているのを「640」に変更し「OK」を押します。その後、上書き保存すれば、画像のコンバートは完了です。

5.そのままでも実行できますが、やはりデータはアーカイブファイルにまとめた方が良いでしょう。"c:\dmp"フォルダに"arc"フォルダを新規に作成して、必要なフォルダ&ファイルをコピーします。
 コピーするフォルダは、bgimage, bgm, fgimage, image, rule, soundです。bgimageフォルダにあるファイルで必要なのは「mask.jpg」だけ、fgimageフォルダにあるファイルで必要なのは「seen.jpg」「lilith_logo.jpg」「title.jpg」の3つだけですので、その他のファイルは消してしまいましょう。image, ruleフォルダの「Thumbs.db」もお忘れなく。
 続いてNScripterに付属する「デフォルトのカーソルファイル」を「c:\dmp\arc」にコピーします。まあ、NScripter用のゲームを他に持っていれば、その中から同じ名前の物をコピーしてもOKです。
 最後に、nsaarc.exeを起動して、「c:\dmp\arc」フォルダを「arc.nsa」にまとめてしまえばアーカイブファイルの完成です。

6.いよいよスクリプトの変換です。「dmp.lzh」と「conv_for_zaurus5c.lzh」を解凍し、「dmp.mac」と「conv_for_zaurus5c.mac」を秀丸エディタのマクロフォルダにコピーしてから、秀丸エディタを起動します。続いて"c:\dmp\scenario"フォルダ内の"newgame.ks"を読み込みます。そして、メニューの「マクロ」から「マクロ実行」->「参照」で「dmp.mac」を選んで「OK」で実行。
※マシンの性能にもよりますが、20~30分位かかります。その間、コンピュータが使えませんので、時間のあるときに変換してください。

7.念のために、生成された「test_0.txt」を「0.txt」に名前を変えて保存。保存先はそのまま("c:\dmp\scenario"フォルダ)で構いません。

8.メニューの「マクロ」から「マクロ実行」->「参照」で「conv_for_zaurus5c.mac」を選んで「OK」で実行。終了したら保存して終了。
 あとは、できあがった「0.txt」と「arc.nsa」、フォントファイル「default.ttf」(これについては、わからなければ ONScripter関係のページで調べてください。)をCFかSDカードの「nscr」ディレクトリにコピーして、リナザウで ONScripterをカードの種類に応じたアイコンから起動してやればOK。

 これで、人目さえ気にしなければ(笑)、いつでもどこでもロッテ姫とエリク王子のバカップル?ぶりが楽しめます。

 あ、それから、いくつかオリジナルと違う部分がありますので、書いておきます。
・文章に枠がない。おまけに右端にメニューもない。
・エフェクトで時間が長すぎると感じるものは短縮。
・音声を同期させるために、音声付きの台詞だけ表示速度が遅い。

こんなところだったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »