« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年9月17日 (月)

怪物捕獲

 というわけで、パソコン触る時間があまり取れないのを良いことに、手に入れていたMonsterXを使って、ハイビジョンキャプチャ&エンコを試してみる。マシンスペックは、

 CPU Athlon64X2 3800+
 HDD 320GB(7200rpm,キャッシュ16MB)x2(Raid0)

 結果、ドライバをゴニョゴニョすることによって問題なくHunuaaでキャプチャできた。とはいえ、さすがにキャプチャ中にプレビューは無理そう。画像のプレビューなしで、キャプチャ中のCPU使用率は、45%~70%位までを行ったり来たり。
 ちなみにサウンドブラスター Digtal Music PXを使用することで、音声のデジタル入力(AAC)も問題なし。とはいっても、取れるのを確認しただけで、映像との合成方法とかはまだ調べてなかったりする。

 で、女神様の劇場版をD-VHSからダビング。DivX6.6でエンコしてみる。所要時間、エンコのみで約16時間・・・、orz。解像度を1960から1280に落としてすら、これ。さすがに重い。

 AMD派なんで、クアッドコアが潤沢に流通し始めるまでは、本格的なハイビジョン動画作成はお預けですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

文庫エディター ver.0.3です

遅くなりましたが、文庫エディターの ver.0.3です。

変更点はいっぱいありますので、詳しいことはまた後で。とりあえず、使ってみたい人は右クリックからダウンロードしてみてください。

「bunkoeditor_0.3_arm.ipk」をダウンロード

さて、現在、上の文から約16時間ほど経っております(^^;。というわけで、変更点についての解説です。仕様の変更としては、

・ファイル選択ダイアログの実装。対象となる拡張子は、「txt」「TXT」だけです。
・ビューワー画面の最下部にスクロールバーを表示。クリックすることで表示位置を変更できます。
・組字の対象に「??」と「?!」を追加しました。
・キーの先行入力を無効にしました。
・エディタ画面でキャンセルキーを押すと、終了せずにファイル選択ダイアログが開きますが、これは仕様です。終了するためには、さらにそこから2回、キャンセルキーを押してください。
※一般の動作と違いますが、これまでがこのパターンだったので、自分が馴染んでしまってるので・・・。
・画面の右上隅と右下隅をクリックすることで、行頭・行末のマージンを変更できます。Command
ちなみに画面クリックによる操作は右図のようになります。












うーん、気がついたら寝落ちしてました。で、ここからは、バグ修正関係。

・≪≫という感じで、ルビのカッコだけ有って中身がない場合に落ちるのを修正。
・「地から○字上げ」指定の時に、ルビが含まれていると位置がずれてしまうのを修正。
・半角数字が3文字以上続く場合に、最後の2文字が組字になってしまうのを修正。
・半角数字が組字になると、その行の文字数が減ってしまうのを修正。
・「!!!!!!」等が組字で表現されてしまうのを修正。
・ぶら下がり禁則対象文字の追加。
・縦書き時に回転させる文字の追加。
・改ページ直後に <img> タグがあると、画像が表示されずそのまま表示されてしまうのを修正。

てなところですが、すでにいくつかバグが見つかってるので、既知のバグも。

・字下げを指定するとルビがずれる。
・2行にわたるルビの表示がおかしくなることがある。
・行頭のマージンが保存されない。
・画像の上にスクロールバーが重なってしまう。
 ※画像(挿絵)を表示する際にはスクロールバーは表示しないようにするつもりです。
・ファイルの最後まで行くと、スクロールバーが表示されない。

試用してくださった方は、ご意見・ご感想・バグ報告など、コメントでいただけると助かります。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年11月 »