« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月13日 (土)

「ダイソン」といえば・・・

「球殻天体」、と連想してしまう私は、やっぱり古い人間なのでしょうか・・・。

 などと思いつつ買ってしまいました、ハンディクリーナー Root6 DC16。いや、帰宅が遅くなることが多いので、夜に片付けをしたくなることが多いんですが、いい掃除機がなくて困ってたんですね。私のいい掃除機の条件っていうのは、

・コードレス
・小型
・排気がクリーン(空気清浄機も使ってますし・・・)

なんです。でも、なかなか評判がいいものが見つからなくてためらっていたんですが、Root6 DC16は使い勝手に難があるものの、条件は満たしているようなので購入に踏み切りました。
 地方都市の住民なんで値段は期待してなかったんですが、「展示品しかないです」ということで交渉したらネットの最安値よりも安くなったのでとりあえず満足(^o^)v。

 使ってみたら評判通りの吸引力&騒音(笑)。で、個人的に気になってた排気についてですが、臭いませんね~。グリップの上部から左右にかなりの勢いで排気されるので、持ち方によっては直接顔にかかったりもしますが、個人的には気にならない範囲です。むしろ、狭いところの掃除では排気の勢いで舞い上がるホコリの方が問題かもしれない(^^;。

 まあ、高い買い物ではありましたが、閉め切った室内で平気で使えるハンディクリーナーが手に入ったので個人的にはいい買い物だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

「姉、ちゃんとしようよ!」をザウルスで

 あけましておめでとうございます。というわけで(?)、「姉、ちゃんとしようよ!」の本編を動作させることのできるコンバーターです。何とか三が日中にはアップしたかったんですが、動作確認に時間がかかって間に合いませんでした(T-T)。 ザウルス(C3100)で、瀬芦里ねぇねぇルートと巴姉ルートはエンディングまで動作確認しました。他の4人は、まだデスクトップの方でもクリアしてないんです・・・。

 今回、変換の対象になっていScrn002ないのは、

・「鍛錬モード」
・「CGルーム」
・「回想ルーム」
・システム関係(音量調節など)
・画面下部の文字の枠

です。それ以外は全て(?)一応変換されます。ただし、

・ONScripterの機能上の制限から実装ができなかったもの Scrn007
  ※画面を陽炎状に揺らすエフェクト
・ザウルス上では重すぎと思われるので実装を見送ったもの
  ※行動選択場面の出現シーンやエンディングのエフェクト
・面倒くさいから実装しなかったもの
  ※場所移動の時のボタン(姉たち)の移動処理

もあります。その代わりと言っては何ですが、「エンディングコレクション」でエンディング名をクリックするとエンディングを再生できるようにしてあります。単に自分が欲しかっただけですが・・・。

 変換手順は以下の通り。かなりの部分が「クリスマスは姉×6と」とダブりますが、まとめてアップ。

○必要な物
・「姉、ちゃんとしようよ!」のCD
・FPK形式のアーカイブを展開するためのツール
 ※「つよきす PSP」あたりで検索すれば、解凍方法の説明付きでいっぱい見つかります。
・KG形式の画像をα付きPNG形式に変換するツール
 ※「KG2PNG」で検索すればすぐに見つかるでしょう。
・拙作の「だめコン」
・「dBpowerAMP Music Converter」・・・効果音・BGM・音声を変換するのに使います。
・NSCripterに付属の「nsaarc.exe」・・アーカイブファイル作成に使います。
・拙作のPicCutter.exe・・・ボタン画像作成用に使います。「ane_070104.lzh」に入ってます。
・Rubyスクリプトを実行できる環境。
 ※リナザウにRubyを導入して、ターミナルで実行してもOKです。開発は全部ザウルス上でやってますので。
・スクリプトコンバーター「ane.rb」
  「ane_070104.lzh」をダウンロード

 「ane_070104.lzh」には

 ・ane.rb
 ・PicCutter.exe & ReadMe.txt
 ・ane_chip.txt
 ・0.txt

が含まれます。最後の「0.txt」はゲームの実行ファイルが担当していると思われるシナリオには含まれていない部分と、機械的に変換しただけではうまくいかない部分を補完するためのものです。ゲームのディレクトリに必ずコピーする必要があります。

○変換方法
1.まずはCDにある拡張子が「FPK」のファイルを展開します。今回は「C:\ane」を作業ディレクトリとするものとして説明します。
 各ファイルを、ファイル名と同じ名前のディレクトリ中に展開します。「DATA.FPK」なら、「DATA」ディレクトリを作ってその中に展開してください。

2.「CG」ディレクトリの中に拡張子「KG」のファイルを変換します。「C:\ane」に作業用に「KG」ディレクトリを作成し、拡張子「KG」のファイルを移動します。それから、「KG2PNG.EXE」を「C:\ane」においてください。

3.「スタート」->「すべてのプログラム」->「アクセサリ」->「コマンドプロンプト」で、コマンドプロンプトを開き、
 >cd c:\ane
 >kg2png c:\ane\kg c:\ane\cg
と実行してください。

4.「だめコン」を起動し、オプションの”「秋桜の空に」対応”のチェックが外れているのを確認した上で、「c:\ane\cg」ディレクトリをドラッグ&ドロップして処理します。最後に、自動判定できなかった画像について聞いてきますが、すべて「マル」の立ち絵ですので、立ち絵として処理してください。
 続いて「Chip」ディレクトリのファイルを処理します。再度「だめコン」を起動し、「c:\ane\Chip」ディレクトリをドラッグ&ドロップして処理します。

5.「ane_070104.lzh」を解凍してできた「ane_chip.txt」を「Chip」ディレクトリにコピーし、PicCutter.exeを起動します。「参照」ボタンを押して「ane_chip.txt」を読み込んで「実行」ボタンをクリックしてください。必要なボタン画像が「Chip」ディレクトリに生成されます。終了メッセージが出たらPicCutter.exeを終了し、「Chip」ディレクトリにできた「temp」ディレクトリとその中身、そして「ane_chip.txt」を削除してください。
 ※「Chip」ディレクトリには、今回は必要ないファイルも含まれていますが、選別が大変なのでそのままにしておいてください。

6.音声、BGM、効果音が全てogg形式なので、このままでは同時再生ができません。サイズのこともあるので、BGMと効果音を「dBpowerAMP Music Converter」を使って22KHzのモノラルのADPCM形式のWAVファイルに変換します。

7.音声ファイルもかなり大きいので、サイズを小さくするために「dBpowerAMP Music Converter」を使って、「24KHzのモノラル(64Kbps)」のogg形式に変換します。「CV00」から「CV13」まで全部変換します。ただし、「dBpowerAMP Music Converter」では一度に変換できるファイル数に限界があるので、500~600ファイル位ずつ変換します。

8.「C:\ane」に作業用に「arc」ディレクトリを作成し、「BGM」、「CG」、「Chip」、「CV00」~「CV13」、「SE」ディレクトリを移動します。同時に、NScripterに付属する「デフォルトのカーソルファイル」を「c:\ane\arc」にコピーします。まあ、NScripter用のゲームを他に持っていれば、その中から同じ名前の物をコピーしてもOKです。(私は「ねこねこソフト」さんのを使ってます)
 続いて、nsaarc.exeを起動して、「c:\ane\arc」フォルダを「arc.nsa」にまとめてしまえばアーカイブファイルは完成です。

9.最後にスクリプトを変換します。Rubyが実行できる環境であれば、dataディレクトリに ane.rb をコピーしてから、コマンドプロンプトで、
 >cd c:\ane\data
 >ruby -Ks ane.rb  > 1.txt
で大丈夫だと思いますが・・・。自分はリナザウでしか使ってないので、保証はできませんが(^^;。

 あとは、できあがった「1.txt」と「arc.nsa」、フォントファイル「default.ttf」(これについては、わからなければONScripter関係のページで調べてください。)、それと「ane_070104.lzh」に入っている「0.txt」をCFかSDカードの「nscr」ディレクトリにコピーして、リナザウで ONScripterをカードの種類に応じたアイコンから起動してやればOK。

 それから、例によって、オリジナルと違う部分が※結構※ありますので、書いておきます。

・タイトルのメニューからして違う(笑)。また、ボタンのアニメーションは再現不能です。
・文章に枠がない。おまけに右端にメニューもない。
・音声を同期させるために、音声付きの台詞だけ表示速度が遅い。
・時間制限付きの選択肢は、「※何も選択しない※」という選択肢を追加するように変更しています。
・文字のサイズが変更できないので、小さいフォントは青く、大きいフォントは赤く表示する。
・陽炎状のエフェクトは再現できないので、とりあえず無視してます。
 ・・・etc.

 その他、変換がおかしいところや、演出が違っているところなどあったら、コメントなりで知らせてもらえるとうれしいです。

 あ、そうそう、エフェクトが重いので、クロックアップした状態で動作させる方がいいと思います。実際、私はその状態で調整してますので。

◎おまけ1

 エンディングを見たかどうかは%2001~%2015までのグローバル変数が0か1かで判断してます。エンディングは全部見たことがあるという方は、スクリプトを少し書き換えればOKです。具体的なやり方は、「0.txt」の43行目の先頭の「;」を削除してエンディングコレクションを見れば分かると思います。

◎おまけ2

 もし、ザウルス以外で動かそうとするのであれば、余分なウェイトを削除する必要があります。音声のタイミング合わせには、基本的には「wait 2400」が挿入してありますので、これを「wait 0000」に置換すればいいでしょう。また、台詞のテキストと音声を合わせるために「!s150」と「!s180」を使っていますので、これは削除(""と置換)すればいいでしょう。

| | コメント (32) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »