« libpngライブラリの導入 | トップページ | 「秋桜の空に」スクリプト変換プログラムC++版 »

2006年10月25日 (水)

だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.1

 ザウルスユーザーのための、だめな画像コンバーターです。「だめな画像」のコンバーターなのか、だめな「画像コンバーター」なのか、それとも全部ダメなのかは、御自由に解釈してください。

 早い話が、リナザウ上で画像ファイルの色がおかしくなるのを補正するためのコンバーターです。「パソコン上では普通に表示される画像が、リナザウ上では白飛びしてしまう」という現象を体験した方は多いと思います。あれこれ試した結果、原因としては、

・ガンマ値が違う。
・RGBそれぞれ0~255まで表示できるはずだが、実際は230くらいで飽和してしまう。

ということだということが分かったので、それを解消するために「前もって画像を修正してしまおう」、というのがこのプログラムの目的です。このプログラムで処理してからリナザウに転送して表示すると、通常のPCでの表示とあまり違和感がなくなります。

 ここまでだと、「どの辺がダメなの?」という感じですが、とってもダメなところは、NScripter用の画像ファイルを変換する際に、

・立ち絵を自動認識して、立ち絵画像部分のみにガンマ補正等の処理を行う。
・PNG、BMP画像をJPG画像に変換し、オリジナルを自動的に削除。
・NScripter用のカーソルファイル等は、自動的に除外。
・アルファマスクつきのPNG画像から自動的に立ち絵を生成。

したりするところです。

 つまり、このプログラムを使って画像をコンバートすれば、違和感のない画像で、ダメゲーが実行できるというところが、思いっきりダメなんですね、はい。

 細かな使用法は、同梱の「ReadMe.txt」をご覧ください。

 「DameCon.lzh」をダウンロード

 あ、注意事項として、「基本的にオリジナルファイルは失われる」ということがあります。大事なファイルを処理する場合は、必ずバックアップをとってから処理してください。

|

« libpngライブラリの導入 | トップページ | 「秋桜の空に」スクリプト変換プログラムC++版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139339/12430397

この記事へのトラックバック一覧です: だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.1:

« libpngライブラリの導入 | トップページ | 「秋桜の空に」スクリプト変換プログラムC++版 »