« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月29日 (日)

ザウルス上でのONScripter用音ズレ補正マクロ「conv_for_zaurus4.mac」

ザウルス上でONScripterをつかってゲームを動かすときに発生する音ズレを解消するための秀丸エディタ用マクロです。

変更点は、

○『「秋桜の空に」スクリプト変換プログラムC++版』で生成される「0.txt」に対応

です。

「conv_for_zaurus4.lzh」をダウンロード 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

「秋桜の空に」スクリプト変換プログラムC++版

「秋桜の空に」のスクリプトを NScripter 用に変換するプログラムです。秀丸マクロ版が5時間くらいかかるのに対して、15秒程度で終わります(笑)。

解凍してできる「cosmos_converter.exe」を「秋桜の空に」のアーカイブを展開したディレクトリ(script.txtやmenu.txtがある所)にコピーし、実行してください。「変換開始」ボタンを押せば処理が始まります。変換が終了したら「終了」ボタンを押して終了してください。同じディレクトリに「0.txt」ができているはずです。

 同梱の「wide_mask.jpg」は、オープニングのために必要ですので、nsaファイルを作成する際に、「op」ディレクトリにコピーしてください。リナザウ用ではなく、通常の800×600サイズで実行する場合は、「wide_mask_800.jpg」を「op」ディレクトリにコピーして、「wide_mask.jpg」にリネームしてください。

 リナザウで使うためには、拙作の秀丸マクロ「conve_for_zaurus4」で音ずれ補正するほうが快適にプレイできます。

【現状の問題点】

・本編のみで、メニューやおまけモード、CGモードはまだありません。
・エンディング終了後、メニューに戻るようになってるので、現状では強制終了になります。
・全ルートのチェックはできていませんので、問題が出る可能性(ONSが強制終了)が十分あります。

 問題を発見された方は、ブログの方にコメントしていただけると助かります。

 「cosmos_converter.lzh」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

だめな画像コンバーター「だめコン」ver.0.1

 ザウルスユーザーのための、だめな画像コンバーターです。「だめな画像」のコンバーターなのか、だめな「画像コンバーター」なのか、それとも全部ダメなのかは、御自由に解釈してください。

 早い話が、リナザウ上で画像ファイルの色がおかしくなるのを補正するためのコンバーターです。「パソコン上では普通に表示される画像が、リナザウ上では白飛びしてしまう」という現象を体験した方は多いと思います。あれこれ試した結果、原因としては、

・ガンマ値が違う。
・RGBそれぞれ0~255まで表示できるはずだが、実際は230くらいで飽和してしまう。

ということだということが分かったので、それを解消するために「前もって画像を修正してしまおう」、というのがこのプログラムの目的です。このプログラムで処理してからリナザウに転送して表示すると、通常のPCでの表示とあまり違和感がなくなります。

 ここまでだと、「どの辺がダメなの?」という感じですが、とってもダメなところは、NScripter用の画像ファイルを変換する際に、

・立ち絵を自動認識して、立ち絵画像部分のみにガンマ補正等の処理を行う。
・PNG、BMP画像をJPG画像に変換し、オリジナルを自動的に削除。
・NScripter用のカーソルファイル等は、自動的に除外。
・アルファマスクつきのPNG画像から自動的に立ち絵を生成。

したりするところです。

 つまり、このプログラムを使って画像をコンバートすれば、違和感のない画像で、ダメゲーが実行できるというところが、思いっきりダメなんですね、はい。

 細かな使用法は、同梱の「ReadMe.txt」をご覧ください。

 「DameCon.lzh」をダウンロード

 あ、注意事項として、「基本的にオリジナルファイルは失われる」ということがあります。大事なファイルを処理する場合は、必ずバックアップをとってから処理してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

libpngライブラリの導入

「秋桜の空に」の画像を変換するために、C++Builder6に zlibr と libpng のライブラリを導入してみる。ビルドするのには問題なかったんだけど、"png.h"をインクルードしてメイクすると"zconf.h"の270行目でエラーになる。

>[C++ エラー] zconf.h(270): E2015 'Byte' と 'System::Byte' の区別が曖昧

で、270行目がこれ。

>   typedef Byte  FAR Bytef;

で、こう変えるとコンパイルは通る。、

>   typedef unsigned char  FAR Bytef;

変更しても別に問題はないはず。でもまあ、ちょっとは様子を見てみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

「秋桜の空に」のスクリプト変換秀丸マクロ

お蔵入りにするつもりだったんだけれど、アーカイブの処理手順まで書いておいて出さないのもなんなので、興味のある人のために一応アップ。

1.cosmos.lzhをダウンロード&解凍して、cosmos.macを秀丸エディタのマクロフォルダへ。

2.「秋桜の空に」のデータを展開したフォルダの中にある、「1day」ディレクトリの中の「scr1.txt」を秀丸で開く。

3.cosmos.macを開いて、一行目と二行目を必要に応じて変更して保存。1行目が画像ファイルの置き場所に関するもので、2行目が処理するスクリプトファイルの個数に関するものです。デフォルトでは50にしてあります。これで、二日目の途中までは実行できます。

4.秀丸を全画面状態にして、「scr1.txt」の内容が見えている状態で、「マクロ」->「マクロの実行」で、cosmos.macを実行。後は待つだけ。

5.終了後、お好みに応じて、「conv_for_zaurus3.mac」で音ズレを修正します。

6.できるファイルは「0.txt」という名前になっているので、そのまま保存すれば、ONScripterで使用できます。

てな具合です。興味のある方は、一度デフォルトの設定でやってみて、我慢できるスピードだと思ったら処理するファイル数を増やしてみてください。

 ただし、処理する個数を増やすと、えらく時間がかかる上に、原因不明で「ファイルを開く」ダイアログが開いて入力待ちになることがあります。ちなみに、全部やろうとすると13日目あたりを処理している時に起こることが多いです。「キャンセル」を押せばそのまま続行できますが、全部の処理が終わるのは、「キャンセル」を押してから3時間以上後になりますので、そのつもりで。今日、試しにやってみたら、「出勤前にスタート」->「帰ったら入力待ち」->「キャンセルを押して3時間半」でした。

 アスロン64X2 3800+のデスクトップでこれですから、ノートパソコンではすごく時間がかかるだろうと予想できますので、そのおつもりで。では、自己責任でお使いくださいませ。

「cosmos.lzh」をダウンロード

あ、未完成の部分を書き忘れたので、追記。

  • メニュー画面、CGページ、おまけモードはありません。本編のみです。
  • エンディングのスタッフロールあたりは画像が表示されません。
  • 画面効果(特にワイプと画面揺らし)は、オリジナルと違っている部分があります。

とりあえず、自分で気がついているのは今のところこれくらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

「秋桜の空に」の作業手順

せっかくだから、「秋桜の空に」のアーカイブの処理方法の覚書。詳しい方法は、また時間のある時に。

1.展開用のSusieプラグインを見付ける。「秋桜の空に susie」あたりで検索すればすぐに見つかる。

2.Susieを使ってアーカイブを展開。この辺の手順は、ほかの詳しいページを参照のこと。

3.立ち絵はPng形式なんだけど、ちょっと特殊なようで、そのままでは処理できないので、いったん透過Png形式に変換。いろいろツールを探したけど、「IrfanView32」で一括変換するのが一番簡単みたい。

4.そのまま次に、と行きたい所なんだけど、なぜか晴姫のスク水・すずねえのパジャマの立ち絵のいくつかには塗りのはみ出しや、ゴミがあるので、できれば画像編集ソフトで消しておきたいところ。

5.NScripter付属の「png2abmp」を使って、透過Png形式からBmp形式の立ち絵画像に変換。

6.できた立ち絵画像は背景が緑になってしまうので、そのまま使うと人物の周りに緑の縁取りができてしまうので、背景の緑と同じ色を黒に変換。

7.オープニング用に追加でいくつか処理しないといけない画像があるので、それらのファイルも3~6で処理。

8.「秋桜の空に」の画像は800x600なので、ザウルス用に640x480にリサイズしてjpeg形式に。

9.効果音をADPCM形式のWAVファイルに変換。

10.CDから音楽をMP3で取り込んで、bgmフォルダに格納。

11.後はNScripterの付属ツールでアーカイブすればOK。

以上で終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「秋桜の空に」のスクリプト変換

「秋桜の空に」のスクリプト変換用の秀丸マクロを書いてみたんですが・・・。

ほぼ満足できる品質で変換できているんですが、一回の変換に3時間以上かかる・・・。その間、PCは使えないし、おまけに、たまに原因不明の「ファイルを開く」ダイアログが表示されるし・・・。すると、その間は止まっちゃうので、とても実用にはなりません(涙)。

まあ、マクロで1500以上のファイルを次々に処理して、出力ファイルは157000行以上というのは、あまりにも無謀だったかも・・・。

というわけで、「基本線はできたので、C++で書き直しっ!」。ということで、現在、正規表現を使うためにBoostライブラリのビルド中。BCB6にうまくインストールできるのやら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »